某専門学校メイクコースの授業がスタートしました。

今日からまた新しい専門学校でパーソナルカラー検定の授業を担当させていただくことになりました。

今日スタートしたのはメイクコースの2年生。

 

来月からはこちらのネイルコースの学生さんの授業も担当させていただきます。

 

こちらの学校では、コロナ感染予防のために非常に慎重な措置を取られていて、現時点では、対面授業の見通しがたっていません。

なので、今日のスタートからはしばらくオンライン授業で様子をみることになりそうです。

 

 

オンラインで授業をするようになってから、最大の人数を受講者に迎えての授業です。

ひとりひとりにできるだけしっかりと目を向けるのはもちろん、

実習をいかに効率よくわかりやすくお伝えするかに工夫を凝らして、リモートでもちゃんと必要なスキルが身につくよう、私も努力しますので、学生の皆様、一緒に頑張りましょうね!

 

今日からよろしくお願いします。

色彩技能パーソナルカラー検定モジュール3対策講座

数年前に私のところで色彩技能パーソナルカラー検定のモジュール1と2の併願対策受講してくれていた方が、

今度はモジュール3を受験したいと連絡をくれて、

スタジオディゾンネに対策にきてくださいました。

 

彼女がモジュール1と2を受験したのはまだ女子大生だった頃。

パーソナルカラーに特別強い興味をもってくれていた彼女は、

当たり前のようにサクッと両方合格して卒業しました。

 

そして社会人になった今、急に気持ちがのったとのことで、

モジュール3の受験申し込みをしたそうです。

 

高彩度による強いくっきり感と、清色の見え方のくっきり感が

見分けがつかないといって最後まで練習していました。

 

モジュール1とかモジュール2あたりでは、

頭で覚えて合格する、という術がないわけではありません。

・・・というか、そうすることで合格「してしまう」ことも正直可能です。それはなぜなら「基礎」だから。

かつての私も「それ」でした。「それ」だと後に決定的に良くないことがあります。

 

それは、「色が見えない」んです。目が見えないという意味での「色が見えない」ではもちろんありません。

「色の見分けができない」んです。

 

さきほど、頭で覚えてもモジュール1と2は合格だけなら出来ないこともない、と書きました。

でも、モジュール3やそれ以上になってくると、頭で覚えた理論が助けてくれなくなる瞬間があります。

逆に覚えたことが邪魔をして、見えたものを自分の頭で否定してしまう・・・

ちゃんと見えないとモジュール3は合格できません。

こうなってしまうとその「〇〇だから△△のはず」を取り除くのが大変!!!

 

今回、久しぶりにパーソナルカラーの勉強を再開したことで、復習してきてくれた印象でした。

ドレープを見ながらぶつぶつと小さな声で色の属性と見え方の関係について記憶を辿っていたのです。

久しぶりでしたがちゃんと覚えていたようです。

が、どうやらそれが彼女のことを却って困らせていたようでした。そして

彼女はとても賢い女性ですので、ご自身でもそのことをわかっていらっしゃいました。

 

私が彼女にしたアドバイスは「自分の目を信頼して、目で見えたことを言ってみて。」です。

彼女の目は本当はちゃんと属性によるお顔の見え方の変化を捉えています。

それが久しぶりだったので記憶していた知識が邪魔をしていました。

「この属性だから、こう」ではなくて「こう見えるから、この属性」を優先して欲しいと思います。

その見えたものを信じて答えることができたなら、きっときっと大丈夫だと思います。

 

スタジオディゾンネの検定対策講座は、こうした私の経験をもとに活かしています。

ただただ習ったことを暗記して合格しても、カラーアドバイザーとして、のちにはカラーアナリストや講師として

役に立ちませんので、(勉強した)時間と、(払った受講料や受験料の)お金と、(資格をとる)意味の無駄でしかありません。どうしてパーソナルカラーを学ぶのかを思い出してみると、似合う色を自分や誰かのために選びたいから、ですよね。

ならば、最初からちゃんと似合う色を選ぶことができる目を育てるような学習方法をして欲しい。

そのため、モジュール1の学習にとりくむ時点から、しっかり色の見極めを練習します。

 

ぜひ、この検定試験を主催するNPO日本パーソナルカラー協会の認定講師が丁寧に教える検定対策講座で

学んでみてください。

スタジオディゾンネのパーソナルカラー検定対策講座は、こちらからページに飛びます。

 

 

 

私のためだけの香り「あの夏の朝」

私がアロマテラピーを勉強しようと思ったきかっけは、

ある年の夏の早朝にあります。

もう20年以上も昔。

 

その日は日の出と共にすでに気温が高く、

湿度もマックスで、朝靄がかかっていました。

 

ベランダに続く扉を開けた途端に、

当時ベランダいっぱいに育てていたハーブたちの香りが、

ひとつの大きくて力強い塊となって勢いよく室内に飛び込んできました。

 

その瞬間、全身が洗われて生き返るような素晴らしい感覚に包まれました。

 

あの日のあの夏の朝のあの香りを残しておきたいと思って、

オリジナルアロマブレンドを調香しました。

これは、他の誰のためでもなく、私自身のための香り。

 

朝の気温や湿度や土やコンクリートの駐車場、裏の砂利歩道、それから当時住んでいた新築アパートの

建材の木の香り。

 

そういったものを表現するために

当時実際に育てていた複数のハーブから採取されたエッセンシャルオイルの香りと、

パチュリやベチバーなどを組み合わせて湿度と土の香りを、それから木のエッセンシャルオイルを軸にして

建材の香りを作りました。

 

今、私はこうして個人事業主としてささやかなサロンを経営しています。

本当にささやかです。だけど、好きなことを仕事にしているので、自分が心から好きなものは

安心してお客様やご受講者様にお伝えすることができます。

その価値に目覚めたあの朝は、私の原点であり続けると思うので、こうして香りを残して、

時々嗅いでは当時に想いを馳せ、何度も何度も初心にかえっては志を新たに頑張りたいと思います。

 

アロマフレグランスのオーダーをお試しいただきました。

オーダーメイドによるアロマフレグランスのご注文にお越しいただきました。

以前、スタジオディゾンネではアロマフレグランスのオーダーカウンセリングのキャンペーンモニター様を募集しておりました。

 

その際にご予約いただきました、T様がお見えになりました。

 

クリエイティブで多彩な才能を発揮して、多方面にご活躍の

T様は、数十年変わらず、ひとつのフレグランスをご愛用です。

 

フレグランスは、記憶や習慣との結びつきが非常に強く、

加えて年齢や嗜好、流行などの影響が出やすいもの。

ですから、人生の時を重ねていくと、違うフレグランスを使いたくなるのは

とてもよくあることです。

むしろ、何十年もの間、一つの香りだけを愛し続けていることは、

それくらい香りへの思い入れが強いことを表しているのではないでしょうか。

 

そんなT様から、パーソナルアロマ・フレグランスのオーダーカウンセリングをご予約いただけたことは、私にとって非常に光栄な出来事でした。

 

パーソナルアロマ・フレグランスは、まずカウンセリングを行い、アンケートにお答えいただくことで、

その方その方がもともともっている個性ともいえる気質を調べます。

そして、その気質が安定した良い状態であり続けるようサポートする狙いで調香していきます。

 

調香に使う香りは全て天然のエッセンシャルオイル、アロマテラピーにも使われる本物の植物の精油です。

これらをいくつか合わせたアコードと呼ばれるハーモニーを活かし、必要な香りを一滴一滴加えていくことで、

バランスをとっていきます。

 

もとになるのは、アロマジェネラと呼ばれるアロマ分類学と9つの性格分類学ですが、そこに無理やり当てはめるのではなく、その9つのグループをもとに1滴ずつの調香をするので、他の人と同じ香りが出来上がる可能性はほとんどありません。

 

さらに、このような目的のためだけに調香をするわけでなく、もちろんフレグランスとして美しい香りの仕上がりになることも追求された手法です。

ご興味のある方は是非、アロマフレグランス・オーダーにお気軽にお越しください。詳細はこちらから該当ページに飛べます。

専門学校の期末試験でした

今年度前期の授業を担当した某大手ファッションメイク系専門学校、

本日は授業の最終日、期末試験を実施いたしました。

事前にややドタバタアクシデントが発生致しましたが、無事に終わることができました。

皆様、大変お疲れ様でした。

 

即日採点をさせていただいたところ、全員高得点での修了です!!!

生徒さん方の中には駆け出しがのんびりさんな人もいたのですが、後半ごろにとつぜんエンジンがかかり、

目に見えて成長されまして、頑張って出席してくれていたメンバーは最終回には非常に理想的な状態に近いところで

足並みが揃うという喜ばしい状態でした。

 

あとは団体受験による本番・・・そう、色彩技能パーソナルカラー検定モジュール1の試験を残すのみとなりました。

みなさんが、これまでの力を余すことなく発揮できたら、きっと全員合格もかなうはず!!

当日は神様にお祈りしてます。

 

色彩技能パーソナルカラー検定®︎モジュール1と2の併願対策

色彩技能パーソナルカラー検定®︎モジュール1と2の併願対策のレッスン(通常クラス)がスタートしました。

公式テキストを広げたご受講者様から「わあ!」と歓声があがりました。

見て楽しい、眺めておしゃれな、読んでわかりやすい新改訂版の公式テキストです。

 

さあ、ここから検定合格に向かってご一緒に頑張りましょうね。

パーソナルカラー検定対策 ZOOM併用講座開設しました!

お待たせいたしました!ご要望の多かったリモート(ZOOMを使った遠隔授業)クラスを導入しております。

この業界でネックになっていた「正確な色の見分けが画面では無理」という問題点に対して

全カリキュラムのうち「集中して2回ほどの個別または2名でのスクーリング」を行う構成にすることで補います。

この2回は実際の配色カードやドレープを使って実践的に色を見極める訓練をします!

お急ぎの方や、ご来室に不安がある方、ご家庭の事情で通常クラスに通えない方もお待ちしております。

詳細はこちらのページ⭐️をご覧ください←⭐️印をクリックすると詳細ページにとびます。

色彩技能パーソナルカラー検定®︎2020年度振替実施のお知らせ

🌈色彩技能パーソナルカラー検定®︎

モジュール1(初級)・モジュール2(中級)振替実施のお知らせ

 

中止となっていた2020年7月5日の色彩技能パーソナルカラー検定®︎モジュール1(初級)とモジュール2(中級)に関しまして、

⭐️CBT試験 を導入し、

⭐️9/26(土)〜 9/28(月)の期間に

⭐️振替実施することが決定いたしました。

⭐️出願受付は8/1(土)からNPO日本パーソナルカラー協会HPにてスタート

 

移動によるリスクを減らし、全国になるべく多く会場をご用意できるよう現在調整中です。

詳しくはNPO日本パーソナルカラー協会の各種SNSにてご案内しておりますので、チェックお願いします。

色彩技能パーオナルカラー検定®︎ モジュール1(初級)・モジュール2(中級)振替実施のお知らせ

🌈色彩技能パーオナルカラー検定®︎

モジュール1(初級)・モジュール2(中級)振替実施のお知らせ

 

中止となっていた2020年7月5日の色彩技能パーソナルカラー検定®︎モジュール1(初級)とモジュール2(中級)に関しまして、

⭐️CBT試験 を導入し、

⭐️9/26(土)〜 9/28(月)の期間に

⭐️振替実施することが決定いたしました。

⭐️出願受付は8/1(土)からNPO日本パーソナルカラー協会HPにてスタート

 

移動によるリスクを減らし、全国になるべく多く会場をご用意できるよう現在調整中です。

詳しくはNPO日本パーソナルカラー協会の各種SNSにてご案内しておりますので、チェックお願いします。

パーソナルカラー検定モジュール3試験お疲れ様でした。

昨日は「実用技能パーソナルカラー検定」の最終的な級でもあるモジュール3の検定試験日でした。

パーソナルカラー検定は段階を経て単位を取得していくので飛び級は出来ません。

 

この日のためにみなさん頑張って勉強して、

モジュール1から2へと合格してきたことでしょう。

 

そして最高峰であるモジュール3の検定試験に合格されると

「パーソナルカラーアドバイザー」の称号がもらえます。

 

私のところへ色の勉強に来てくださっている生徒さんも皆、この称号に憧れを抱きます。

 

このパーソナルカラーアドバイザーになると、胸に輝くピンバッチが与えられます!!

 

「それが欲しい」「それをつけて写真撮りたい」なんて言ってくれる人も多いんですよ。

そう。プロの証!!

 

これまで色を何度も何度も見比べて、必死で訓練をしてきたことと思います。

 

昨日、私も東京会場試験官として会場で、受験される皆様のお手伝いをさせて

いただきました。

必死さが伝わって私の方が緊張しそうでした。

 

私の講座を受講してくださった方はもちろん、

一人でも多くの方に「パーソナルカラーアドバイザー」の称号と

あの七色のピンバッジを獲得していただきたいと思います。

 

試験結果はおよそ1ヶ月後。

試験お疲れ様でした。

ジュエリーバングルレッスン

ジュエリーバングルレッスンに来ていただきました。

 

最近の人気はオーロラクリアで作るバングル。幅広い年齢層に人気色です。

 

今日もお二人ともオーロラクリアをチョイス。

 

遠いところ来てくださってどうもありがとうございました。

 

 

 

 

オーロラクリアで作ったバングルは、

まだ梅雨明けしない関東だけど、

手元に虹が出たみたいでキレイ!

私も大好きなカラーです。

 

私はオーロラクリアでバッグを製作中。

持って出かけるのが今から楽しみ♡

 

簡単に出来ちゃいますので、

体験レッスン気分でぜひどうぞ。

ジュエリーバングル作ってみたい方はこちらへお問い合わせくださいね。

お問い合わせはこちらをクリック(お問い合わせフォームへ飛びます。)

 

#ジュエリーバッグ協会 #ジュエリーバッグ®︎ #ジュエリーバングル #AJB

美しいオイルバーナー

我が家に美しいものが仲間入りしました。

 

エジプトで職人さんが一つずつ手作りで

仕上げるという小さなガラス工芸品。

 

同じデザインのものを求めても

手作りなので、飾りのカーブ具合とか

ステムの長さとかが微妙に違いますので、

全体のバランスが好みのものを選んできました。

 

壺の部分に少量の水と精油を入れ、

下からティーキャンドルで温めます。

 

間も無くふんわりと素晴らしい香りに包まれます。

 

ゆらゆらと揺らめく炎を眺めているとなんとも穏やかな気持ちになります。

炎の揺らぎは、昔流行りましたね・・・1/f 揺らぎですものね。

 

スタジオ・ディゾンネにレッスンにいらしたら、ぜひ、見て行ってくださいね。

生き方の足し算引き算(長文です)

 この度、移転によるリニューアルオープンに伴い、これまで以上に皆様に喜んでいただけるようサロンメニューの内容と価格の見直しを致しました事は、ホームページトップにてお知らせした通りです。

 

 その中で特別大きな変更点は、

 

「メニューから整理収納関係の講座を引いたこと」だと思います。

 

実を申し上げますと、これまで多くの方々に整理収納コンサルタント業務・整理収納講座講演のご依頼をいただきまして、スタジオ・ディゾンネの中では最も人気のメニューでした。

 

巷の片付けブームもあり、皆様のご関心も高かったことがうかがえます。

 

のべ何百名もの方が私の拙い話を真剣に聞いてくださり、実際にご自宅の作業に着手してくださったことを改めて思い起こしております。

私に講座をご依頼くださった方や、会場の皆様が、整理収納を通して笑顔を輝かせていらっしゃる姿を目の当たりにして私も幸せを感じておりました。

 

整理収納が繋いでくれた掛け替えのないご縁もいくつかあります。

 

整理収納は、一時のブームから落ち着き、整理収納の精神的な役割や時代にあった役割などを模索する時代に入った印象があります。

つまり、これまで以上に人々の暮らしに欠かせないメソッドとなり、

ニーズもニッチで多様化していると感じています。

これからはもっと「整理収納」を学ぶべき時代になると思います。

 

そこであえて「整理収納をメニューから引いた」のはなぜかと訝しがられるかもしれませんね。

 

 長文ですし、少し、込み入った話になりますけれど、よろしければお付き合いください。

 

私が「整理収納アドバイザー」を目指したのは、

一言で言うなら「おうちにいるのが好きだから」です。

 

(あー、今、すごくどよめきましたよね…ええ、ええ、分かっておりましたよ。)

チョロチョロと出歩いていますし、お友だちとお出かけしたり、ランチを楽しんだり、

新しい学びの場に顔を出したり…だから、よく出歩くのが好きな人、とか社交的な人だと思われています。

 

私自身も、この出歩き具合を思えば、そう思われても致し方ないなぁと、思います。

別にそのこと自体は嬉しいですけどね。

 

だけど本当の私は相当な「引きこもり体質」なのを、ごく親しい友人たちや家族は知っています。

無理やり用事を作って出なければ、一歩も外へ出たくないのです。

家の中でじっと座って、

ただ、ただ、五感を働かせ、様々な空想を巡らせている時間が何より好きです。

 

そんな私が「出会った」のが「アロマテラピー」でした。

 

香りがもたらす豊かさは、例えようもなく、目に見えない香りの分子が、

空気中や、私の体内…血管の中などを駆け巡ってくれているのを考えるだけでも

カンドーものです!!

 

家の中の模様替えをするのも大好きです。

それは、「氣」の存在を意識しているからです。

空気の流れとも少し違う何かがスムースに移動したり、隅っこでとぐろを巻いていたり。

目に見えないからあれなんですが(どれなんだ?)、確かにそれが気分や体調を左右するようで。

 

だからと言って、スピリチュアル(スピリチャル)と呼ばれる人間でも多分ないので、

その「氣の流れ」をスムーズにして大好きなアロマテラピーを心ゆくまで

楽しめる「現実的な方法」を知りたいと思い至りました。

 

私にっとってのその「現実的な方法」がハウスキーピング協会の整理収納メソッドです。

(代表理事の澤氏の名前をとって「澤メソッド」とも呼ばれています。)

 

はあ、なるほど!

「気に入らないものは気持ちが入っていない」と風水師でもある有名アドバイザーの小西さよさんも著書の中でおっしゃっていますが、まさにそういうことなのです。

 

「気に入ったものばかりの中で氣の入った生活をする」ための整理収納。

 

時々お話ししますし、ホームページにも書いていますので、ご存知の方もいらっしゃると

思いますが、私にとっての「家」は「箱」ではなくて「家庭」そのもの。

無形で、自分や家族にとっての「シェルター」です。

 

だから整えないことには、そこから明日の活力を得ることが困難です。

 

犯罪や嫉妬、いじめや誤解、〇〇ハラスメント、環境汚染、自然災害、

事故・事件、不親切で気の利かないサービスなどなど…

私たちを取り巻くストレスの原因は枚挙にいとまがありません。

 

幸いなるかな、私たちはまだそのような酷いストレスにさらされることはなく過ぎてきましたが、これから先も元気で過ごしていくには「家を整えること」は一大事です!

 

さてさて、それにはファシリテーターとなって活躍する整理収納アドバイザー🌟は

時代のニーズそのものだと思います。

 

ですが。

 

ふと、思いました…

「私のすべきことは、本当にこれ?」

 

私にしか出来ないことがあるはずです…というか、

あることに本当はとっくに気づいていました。

 

それが「色と香りの豊かさを伝えていくこと」です。

 

首都圏に戻りました事で、メディアや新聞・雑誌などで大活躍される素敵な、そして

大好きな先輩方や同僚が大勢いらっしゃいます。

 

彼女たちの伝えている仕事は本当に素晴らしいです!

これを「素晴らしい」などという使い古された言葉で表すのが癪なのですが、

「素晴らしい」のです!

 

お人柄が素晴らしいからこそ、伝えられるものにも特別な価値が生まれるのだな、

と実感します。

 

だから、私はそれを先輩方から受け取る側でありたいと思うようになりました。

整理収納を「伝えていく」のは、多分、私じゃない。

 

この気持ちをどう解していただけるか少し不安ですが、挫折のようなネガティブな

感情は微塵もありません。もっとポジティブな感情で、

彼女たち大先輩が伝えた整理収納のメソッドの次のステージとして私が色や香りを伝えていきたい!という厚かましくも前向きな適材適所に気づいた感じです(笑)。

 

私の原点に戻り、私が発信したいことのエッセンスを得た、と

理解していただけると多分最も近いと思います。

 

前からうっすら(うっすらよりは濃いな…笑)そう感じていたのだけど、

なにせ、ディゾンネの人気メニューですから踏ん切りがつきませんでした。

 

そう感じているのに、

有り難いことですが整理収納に関するご依頼が途切れることは

ありませんでしたから、「必要とされている(かも?)」喜びに酔っていたところもありました。

 

それから…ほら、整理収納を学んだ方ならわかりますよね?

「所有の意味を考える」っていうアレです。

 

コンサルタントになるまでにかかった費用が高かったから、

(一応最短最安でとったんですけどね。。。と自慢する性格黒いヤツ)

流行りだったから、

栄華の象徴(?)だったから…

 

と、いうわけで手放せなかったのです。

 

でも、ちょっと前、大好きな先輩アドバイザーの一人とケーキを食べながら

おしゃべりしていた時に

 

「えとさ、陽子ちゃん、ごめん!本当ごめん!だけど、陽子ちゃんは片付けの仕事してる

イメージわかないんだよね」と、言われたのです。

 

言われた…なんて書くと、日本語には「迷惑の受け身」という言い方があって、

〇〇されたという言い回しが時に嬉しくないように響くのですが、

今回のそれは、書き表すならば、

 

「キターーーーーーっ!!やったーーーー!」と申しましょうか、

なんとも言えない解放感を伴った嬉しい感情が押し寄せてきました。

今もその時のことを思い出すと、ほっとして泣きそうになります。

 

これでやっと好きなことにフォーカスできる!って。

その先輩が、ぐずぐずと渋っていた私の身を解き放ってくれました。

即座に決断しました。

 

私の人生の整理収納です!

 

最後に。

この度の引越しは、ものすごいダウンサイジングをしました。

床面積が半分以下(1 /3にはならないがそれに近い)となり、

広い広い庭も一般的なバルコニーに変わりました。

 

とてもそうしたかったから。必要を見極めるチャンス!

引っ越してもうすぐ3ヶ月を過ぎますが、未だ最適化出来ていません。

これを試行錯誤して、落ち着いたら、この盛大な整理とダウンサイジングについて

整理収納コンサルタントの体験談として

ブログを連載しようかと考えています。

 

またその時は懲りずにお付き合いください。

 

整理収納コンサルタント

山内 陽子

 

今週末はパーソナルカラー検定試験です

去年に引き続き九州地方の豪雨が心配されます。

被害に遭われた方に心からお見舞いを申し上げます。

 

さて、今週末はいよいよ「色彩技能パーソナルカラー検定」のモジュール1とモジュール2の試験が全国の主要都市で開催されます。

残り二日、受験生の皆様には最後の仕上げに余念がないことと思います。

私の検定講座を受講された生徒さんも今、とても頑張っていますよ!

 

まだまだ仕上げの時間は残っていますから、焦らず頑張ってくださいね♪

リニューアルオープンのご挨拶

🌼リニューアルオープンのご挨拶🌼

 

「スタジオ・ディゾンネ」ホームページをご訪問頂きまして誠にありがとうございます。

この度、移転によるリニューアルオープンに伴いまして、より皆様に喜んでいただけるようサロンメニューの内容と価格の大幅な見直しを致しました。

まさに人生の大きな整理収納を致しました🌟

今後は、

今まで以上に私の大好きな、そして豊かな香りと色の世界を

大切な皆様にご紹介していけるよう、一層精進してまいります。

これからも新しい「スタジオ・ディゾンネ」をどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

沢山の幸せな恵みが皆様に届きますように♡

 

2019年6月26日 一粒万倍日+天赦日

 

スタジオ・ディゾンネ代表 山内 陽子

パーソナルカラー検定®対策講座が開講します

先日、今年最後のパーソナルカラー検定が開催されました。

全国でたくさんの方が合格され、新しく活躍の門をくぐられたとお知らせが入ってきています。合格された皆様、誠におめでとうございます!

 

さて、スタジオ・ディゾンネでは、12月開講で来年の夏の検定に向けたカラー講座がスタートいたします。試験前ではなく、ゆっくりのんびりじっくりと学びたいという方にはぴったりのタイミングです.

 

寒い間に新しいスキルとコツコツと積み上げて、春からファッションを楽しみながらお勉強の仕上げへと入っていきましょう!

 

ぜひご興味のある方はお問い合わせください。

現在お申込み受付中です。

(数名のお申込をいただいておりますが、場所や人数、日程などの都合が合わない場合はお気軽にご相談くださいませ。随時開講も可能です。)

「ナチュラルビューティスタイリスト検定」がスタートします☆

AEAJ(日本アロマ環境協会)の新しい検定試験がスタートします!!

 

「ナチュラルビューティスタイリスト検定」

 

この度、公式テキストが公開されました☆

 

体の内側からも外側からもきれいになれるようなヒントがいっぱいの美しいテキストです。

このナチュラルビューティスタイリストは、

スタジオ・ディゾンネでご提案しているライフスタイルと通じている内容でこころ惹かれます。

 

検定試験は10月中旬からスタートします。

ぜひ、みなさんもご一緒に素敵なライフスタイルを目指してチャレンジしてみませんか?

 

 

「ナチュラルビューティ―スタイリスト検定公式テキスト」

ISBN978-4-07-340055-4

定価 本体2,100円

主婦の友社(発売)

公益社団法人 日本アロマ環境協会(発行)

 

生活感と生活臭

まあ、私はどちらかといえば、イケる口です。

お酒、好きです。

 

呑兵衛だからこの画像か、と言わないでください。そうかもしれないし、違うかもしれません。

 

これは、実は鳥のエサです。

 

ワインの空ボトルをきれいに洗って乾かし、

パッケージのエサをうつし、デザインのしゃれたボトルラックへ。

 

このボトルラック、デザインに惚れて、ワインを良く飲む我が家では食卓に置いて日常的に使おうと思って買ったのですが、あろうことか!ストレートで細身のボトルワイン以外は収まらないのです。

(さぎだー!とか喚きたいのを我慢(笑))

はい、買い物失敗です、完全に。調査不足の自業自得です、はい。

それでやむを得ず処分かな~と思っていたので、新たな使い道が見つかってものすごーく嬉しいので投稿してみました。

 

鳥のエサは、ジッパーつきのビニール袋に入って売られているのですけれど、

やはりパッケージが賑やかすぎてしまいこまないと目立ちます。

でも、毎日使うモノなのでしまいこむと少し面倒。

 

ワインボトルなら、口が細いのでスプーンいらずでエサ入れに入れられますし、遮光ビンなので、直射日光を避けつつ、うっすらと残量も判ってとても便利です!

 

私の家にいらしたことがある方ならご存知ですが、我が家は整理収納コンサルタントだからといっても物のない家ではありません。かなり好みがはっきりわかる家です。

ミニマリストも尊敬しますけれど、私の好みではないのです。

生活しているけど何もない、は、私の目指すところではありません。

生活感はあっていいと思っています。

そこで暮らす人の、個性や気配はぬくもり、と考えています。

 

だけど、目を背けたくなるような生活臭はパス!

好きなタイプの生活感でマイワールドを満喫します。

そのためには、本来の使い道と違ってもいい。

モノが活かされていればいい、そんな風に考えます。

 

虹色カーネーション

友人にお花を贈ろうと思って寄った花屋の店先でのこと。

 

お花も決まって、お会計も済んで、

ふと見ると不思議なお花が・・・

 

それが、この

レインボーカラーのカーネーションでした。

 

思わず店員さんに

「これ、ホンモノですか?」と聞いてしまったほど。

 

「はい。不思議ですよね。色水を吸わせて色を付けますが、花はホンモノです」とのこと。

 

不思議なこのカーネーションを家族ともシェアしたくて3本だけ買い求めました。

1本300円。高いですか?安いですか?

 

その晩から、このカーネーションを巡って娘たちと話が弾みました。

花の話、色の話、贈り物の話、好きなモノの話・・・派生的に話題が拡がって、

ずいぶんと楽しい晩でした。

「おかーさん、コーヒー淹れようか?」嬉しいおまけつき。

その晩だけは「受験生、さっさと勉強しなさい!」とは言いませんでしたよ(笑)。

オトナの習い事♡アロマテラピー教室出張編

夏休み、神奈川県でのキッズアロマ教室を開催するということになりましたら、

オトナの皆様もぜひ!とお申し出を頂きまして、急きょ大人向けの講座も開催させていただくことになりました。ありがとうございます。

 

大人向けのアロマテラピーだからといっても、なにもいきなり化学の授業になるわけではありません。

ですが、年齢や性別によって香りの好みが少し違ったり、クラフトを作るのに火を使ったり、ちょっぴり別のお楽しみも。

 

それに、経験豊富なベテラン主婦の皆様なので、香りの体験談も豊かです!

つい、うっかりおしゃべりに夢中になると作業がとまってしまいます(笑)。

それはそれで楽しいんですけどね。

 

あれもこれも作りたいと一度に3つも作りましたので、途中からアクセル。。。

でも、作りながら「玄関にこういう香りを漂わせたい」とか「寝室に」などなど

イメージしながら作っていたたき、出来上がった作品をかわいがってくださる様子が目に浮かびました。

 

好きな香りで夏も気持ちよく!

 

今度は涼しくなるころ、秋から冬のアロマテラピーもぜひどうぞ♪

 

出張レッスンも可能です。ぜひお声掛け下さいね♡

元気な子供たちとアロマ講座の夏休み

夏休みは神奈川県海老名市で出張アロマレッスンを開講致しました。

夏の暑い時期にも関わらず、1年生から6年生までの元気な小学生がお申し込みくださって、

全部で4回開催させていただきました。

 

初めて出会う私とアロマテラピーに、最初はドキドキと不安そうな顔をして通ってきてくれた子どもたちでしたが、香りを嗅いだり、クイズの答えを考えたり、体験したことを共有してくれたりするうちに、ふわっと表情が和らいで、本当にかわいらしかったです。

 

アロマ石鹸を真剣に捏ねるお友だち、旅行に持っていきたいからと火を使わないでアロマテラピーを安全に楽しめるモバイルアロマを作ったお友だち、アロマワックスバーは、ドライフラワーやアーティフィシャルフラワーをステキにあしらって今から飾るのが楽しみに♪

 

AEAJの子ども向けオリジナルテキストを使用して、アロマテラピーにまつわる化学や自然環境などについてもレクチャーし、しっかり自分の考えを話してくれました。

 

夏休みの工作と自由研究のヒントが一度で学べちゃうスタジオ・ディゾンネのキッズアロマレッスンは、いつもご好評をいただいております。

 

学校や保育園、児童館などのイベントでも開催させていただいております。

どうぞお気軽にご相談ください。

 

会場が学校で、参加者が学生さんの場合は、AEAJ(日本アロマ環境協会)の香育事業としてテキストや材料費などの負担を一部サポートしていただける場合もあります。

こちらも詳しくはあわせてご相談くださいませ。

 

夏休みの宿題にも❤️子どもアロマ講座のご案内

夏休みのお子様向けの講座のご案内チラシが完成しました!

 

 

夏休みに自由研究や自由工作が宿題で出される学校は多いと思います。

 

「毎年ネタ探しに困る〜泣」というご家庭も多いのでは?と思います。

 

一説によると保護者の方が大変!!とか(笑)

 

こちらの講座は、アロマテラピーを切り口にしていますが、

お子様の関心を、日常生活から植物へ、さらにエコライフや地球環境へと広げていくようなカリキュラムになっています。

ゲームやワークをしながら楽しく自然科学を学習できます。

 

また、3つのリストからご予約時にお選び頂けるアロマクラフトも人気!

作って持ち帰り、おうちで使える香りのグッズを手作りします。

 

そう、この講座の人気の秘密は、

自由研究と自由工作が一挙に解決出来るヒントがいっぱいなところ♪

 

もう今から「私の夏休みの宿題はこれでいくの!」と

言ってくれているキッズもいるんですよ♪有り難いことです。

 

なんと今年は2カ所で開催。

リクエストを頂いて、ここ米沢と神奈川県の海老名市でも開催します。

(現在は日程調整中です。しばらくお待ち下さい)

もちろん、それ以外でも開催リクエストがあれば、どうぞご相談ください!

 

人数やご予算に応じてなるべくお応えしたいと思います。

早めにご予約いただけましたら、この講座の内容を使った自由研究のアドバイスも盛り込んでお伝え出来ます。

 

対象年齢もワイドです。

幼稚園から小学校、中学校、高校までオッケーです。

年齢と理解度に応じて内容の掘り下げ方を変えますので多くの方に喜んで頂けると思います。

 

受講料は基本的に「受講料、材料費、テキスト代、税込み」なのでお得です。

 

夏休みのSOSお待ちしております❤️

 

 

0 コメント

私とパーソナルカラーとの出会い

この度、所属しているパーソナルカラー協会の公式テキストが増版になったという嬉しいニュースを受け、私とこのカラーメソッドとの出会いについて書いてみたくなりました。少し長いけれど、お付き合いください。

 

 最初に「色を職業にする」という事を知ったのは、二十歳前でした。現在アラフィフですから、今からおよそ30年近くも昔の事です。

 

 同僚のお姉さんの友達(遠っ!)がパーソナルカラー診断を始めたというので、モニター(…と言っても1万円くらい支払いましたが)をしました。

 

 あとになって分かったことなのですが、当時のパーソナルカラーというのは、アメリカから輸入されてきて間もなかったようです。

パーソナルカラーというのは、肌や瞳、髪の毛の色、年齢やお肌の状態、その人の持つ雰囲気などにより変わってきます。

日本人でも変化するものが、アメリカ人と日本人が診断結果が同じわけがありません。

 

あの当時、アメリカから入ってきたばかりで、日本人向けに充分な研究や改良がされていなかったことも、これからお話しする「悲惨な結果」を招いた原因だと思われます。

 

でも、彼女たちは先見の明があったのですね。彼女たちの名前も顔ももう覚えていませんが、私よりいくらか年上の彼女たちが、今も診断を続けているとしたら、どこぞの協会なりスクールなりでそれなりの地位を得ているのでしょうね。

 

さて。

その気になる結果は…プロのアドバイスとして「受け入れなければいけないんだろうけど」もやっとした、というのが正直なところです。
(これについても、アドバイスを「受け入れなければいけない」なんて誰が言ったのでしょうね!と過去の私を慰めたいのですが)

 

それらの色のグループが似合うといわれた理由はわからなくもないのですが、私は「それらの色を纏った自分がキライ」でした。

 

しかも、その色のグループのリストを渡されても、「私にはグッドがちょっとだけ」だったんです。

リストの中から、特にその人にはおすすめの色の場合は「グッド」と言って銀色のシールが横に貼られました。

 

一緒に受けた同僚は、居るだけで目を惹く美人でした。

彼女には私と違うグループが提示され、「グッド」「グッド」…そして

「エクセレント」「エクセレント」…と、続きます。

 

え、エクセレント?!

 

私の中には、そんなの、無い。

そう思っているうちに、同僚のリストにはエクセレントを示す「ゴールド」のシールが燦然と輝いて増えていきました。…差。

 

高いお金を払って、嫌な気分になる…

所詮美人じゃないと、着るものさえも限られるってこと?

お洋服で見た目をアップしようなんて馬鹿な願いだった?

(今の私ならはっきり言えます!そんなこと絶対ない!!)

 

高いお金を払って、嫌な気分になる…

を、通り越して、

わざわざ高いお金を払って、嫌な気分を買ってしまったのでした。

 

それからというもの、もともと容姿に自信があったわけではない私は

ますます自信を失い、「生き方変えたい」気分で過ごしました。

 

でも、あの時、人生下り坂にならずに済んだのは、

容姿に対する自信喪失の陰に、私の中に「いつかきっとこのもやもやを

自力で解決したい!」という想いがあったからでした。

 

当時の私は、自信が無いなりに、お洋服は一生懸命考えて、いろいろな色にチャレンジしていました。

 

その中で、なんとなく

「この色着ていると肌が澄んでる!」とか

「この色の時は、疲れて見えるしくすみがひどい」とか

「この色を着ていると賑やかそうに見える」

「冷静に見える」

というものを体得していて、心のどこかで

「もっと似合う色は他にあるはず!」

と思っていたのでした。

 

それから4半世紀経って、まずは試しに自主学習をして、東商のカラーコーディネーターを取得しました。

 

私が色の勉強をしたかった理由はもう一つありました。

それは、主人が少し色に関わる理系の仕事をしているので、私は度々感覚で色の事を語って論破されていました。

「感覚でモノ言うな」と言われるのが悔しくて、悔しくて、知識を得て主人に論破されない自分になりたかったことと、「似合う色選び」のモヤモヤの解決と、2つでした。

 

さらに何か色の勉強をしたいと思っていた時に、いくつかのメソッドやいくつかの協会を調べましたが、他のところには、主人の知り合いが講師や監修で入っていたのです。主人の知り合いに色の勉強をゼロからスタートしていることを知られるのも、その途中経過や試験を審査されるのも気恥ずかしくて、そうでないところを探したら、現理事長のトミヤママチコ先生率いる「日本パーソナルカラー協会」だったんです。

 

この偶然が、素晴らしい出会いだったと思います。

 

ここで習った最大の学びは

「似合う・似合わないは主観的であること」

「カラリストとして誰が見ても同じ評価をする理論が存在すること」でした。

 

「ああ!だからあの時、似合うと言われた色であんなに嫌な思いをしたんだ」とストンと落ちました。

 

Aさんが見たら、似合うっていうかもしれないけど、

Bさんが見たら、似合わないっていうかもしれない。

 

そこには、AさんとBさんのそれぞれの「主観的好み」が

反映されてしまうから。

 

他人の評価は、自分のそれとは違う可能性がある、ということです。

 

私と、あの時のカラリストには、主観的好みの違いが存在していたのです。

 

もちろん、いくら良いだの嫌いだの言っても、

きちんと理論として「こうだから、こう」というものは存在します。

が、その「こう」は見る人によって違っては混乱してしまいます。

誰が見ても「こう」であることが存在するのです。

 

それを見事に解決する信頼できる色彩理論が

「パーソナルカラー協会のオリジナルの色彩理論」でした。

(協会のメソッドではそれをしっかり学べます)

 

その信頼度の高さは、ファッション業界や美容業界において

この色彩理論が研修や商品開発にとりいれられていることを知れば

言わずもがな、です。

 

みんな自分の事は、自分が一番わかっています。

(自分がなんだかわかりにくくなっているとおっしゃる方は、

ぜひTCカラーセラピーをおすすめします)

ですから、

 

自分がどうありたいか、

自分をどう見せたいか…いや、魅せたいかで、

 

もっとポジティブに色を使いこなしましょう!!

 

スタジオ・ディゾンネのカラー診断ベースカラー診断

またご自分で色を選べるようになりたい!という方は、

パーソナルカラー検定対策講座をぜひどうぞ♪

おしゃれだけではなくて、テーブルカラー(食卓の色)やインテリアカラーにも興味があって広く浅く楽しく勉強したい方は暮らしの中のカラーレッスンもご用意しています。

モスバーガーのラベンダーレモネード

モスバーガーの期間限定

「ラベンダーレモネード」が

発売されていると聞いて

行って参りましたよ。

 

結論から言います。

予想以上」でした。

 

ラベンダーらしさが生きていて、

私はラベンダー特有の心や体が

鎮静されるような感覚を得られましたよ。

 

↑この感覚と感想は、もちろん個人差があるし、

ラベンダーのドリンクって好きか嫌いか二つに割れると思うのですが、しっかりと爽やかな酸味を残したレモンの部分とのコントラストもあり、美味しかったです。

(さらに、炭酸が苦手な私でも大丈夫でしたー)

 

この色の美しさって、例えば、アルコールが苦手な人がちょっと

夜のお酒の席でも、

かっこよく飲むのにも向いてるんじゃないかなーと思いました。

 

よく「色彩療法」なんていう言葉がありますよね。

あれ、医療でもないし、治療でもないと、現代医療事情では認められては

いませんので、あくまでも嗜好的イメージなのですが、

もし「色彩療法」があるとしたら、こんな美しい色彩を体にとりこんだら、

なんだかいいことありそうな❤️

 

そんなこんなで、個人的にはリピート決定です〜♪

 

2018年度 色彩技能パーソナルカラー検定®のご案内

何か新しいことをはじめたいなと思っている方はいらっしゃいませんか?

 

日本パーソナルカラー協会の検定試験を目指してみませんか?

今年の検定スケジュールはこちらのページでご案内しています。

 

年度も新しくなって、

さらにこれからは薄着の季節、

色を味方につけてご自分をより魅力的に魅せるテクニックを身につけましょう。

 

従来のように「似合う・似合わない」という主観的な評価に頼るだけでは、本当に自信をもってオシャレをするのは不安です。

 

実際に「似合うね」と言われても、なんだかお世辞に思えたり(本当にお世辞かもしれないし)、自分自信が気持ちよくなければ意味がありません。

 

そういうモヤモヤを25年以上も(!)抱えて、ずっと不安だった私が、人生ががらりと変わったのが、このパーソナルカラー協会の色彩理論との出逢いによるものでした。

 

現在このパーソナルカラー協会の色彩理論は、ファッションやアパレル、美容業界からも信頼度の高い理論として注目を浴びており、研修や商品開発などにもとり入れられています。

 

少しでも興味を持たれたら、日本パーソナルカラー協会のホームページまたは、スタジオ・ディゾンネへお気軽にお問合せ下さい。

 

検定対策講座については下記またはこちらのページをご覧下さい。

 

スタジオ・ディゾンネの検定講座は、

パーソナルカラー協会認定講師による認定講座です。

(詳しくは検定のご案内ページへ→☆クリックするとページが移動します)

色のことは全くはじめて・・・という方でも大丈夫。

公式テキストを使った学習と、キレイな色票を使って手を動かすワークなどを組み合わせ、無理なくしっかり学べます。

 

また、

スタジオ・ディゾンネは協会から登録された団体ですので、

2名以上のお申込がある場合は、こちらを通してまとめて申込や結果の受け取りが出来ます。お忙しい方でも振込に行ったり結果を受け取るために在宅する必要がありません。

当スタジオ受講生全員が検定ダブル合格でした!

年末の投稿で

スタジオ・ディゾンネで学んで下さった受講生6名のうち、5名が検定にチャレンジしたことをお伝えしましたが、まずはその結果からお知らせしますね。

 

なんと!

 

 

5名全員が

モジュール1&2

ダブル合格

 

を果たしてくれました〜〜〜〜〜!!!!!

素晴らしいですね。おめでとうございます。

5名は晴れて「パーソナルカラーアシスタントアドバイザー®」

なりました。

 

合格された方々は、これからいろいろなアプローチで色彩について

学びを深めていくそうです。

中にはモジュール3にチャレンジしたい!というい方も。

 

スタジオ・ディゾンネの検定講座は、

パーソナルカラー協会認定講師による認定講座です。

(詳しくは検定のご案内ページへ→☆クリックするとページが移動します)

色のことは全くはじめて・・・という方でも大丈夫。

公式テキストを使った学習と、キレイな色票を使って手を動かすワークなどを組み合わせ、無理なくしっかり学べます。

 

また、

スタジオ・ディゾンネは協会から登録された団体ですので、

2名以上のお申込がある場合は、こちらを通してまとめて申込や結果の受け取りが出来ます。お忙しい方でも振込に行ったり結果を受け取るために在宅する必要がありません。

 

 

明日はパーソナルカラー検定です。

明日12月3日は、

日本パーソナルカラー協会「パーソナルカラー検定」です。

 

私と一緒に勉強を頑張ってくれた5人も

明日仙台で受検です。

 

実は明日、有り難いことに山形市で開催される

整理収納アドバイザー向けのプロフェッショナルガイドセミナーの中でちょっとお話しさせて頂ける機会を頂いており、

午後はクリスマスアロマレッスンの日・・・と

ぶつかってしまったために、5人の応援に会場まで

行ってあげることができません😢

 

心配・・。は、してません!

だってあんなに頑張っていたんだもの。

どうかリラックスして、いつものように元気に問題に取り組んで来てね。

彼女たちなら、きっときっと大丈夫!!

今夜はしっかりお祈りしてから寝よう笑

 

晴れますように、そしてみんな合格しますように❤️

 

行ってらっしゃい!!

セルフケアのためのモト

セルフケアのためのオイルや化粧品をつくる

材料を抽出しています。

 

マリーゴールドやピンクのローズバッズ、

ローズマリーなどなどをビンに詰め、

上からオイルやエタノール、ウォッカなどを注ぎます。

 

ビンに詰める時にきれいに層にしたら

抽出している間も眺めて嬉しい。

 

左側は今年初めて「クリーバー」という

アカネ科の植物をつけ込みました。

どんな風に使うかは、また今度。。。

虫除けハーブミックス

自宅で感想させたハーブを使って、

虫除けハーブを作りました。

 

ローズマリーとセージ、

そこに市販のハーブと、

エッセンシャルオイルを数種類。

 

よーくボウルの中でまぜまぜして

香りを馴染ませます。

 

数日おいたら、これを木綿の袋に詰めて。

素敵なサシェに仕上げると優雅な気分に。

 

この虫除けハーブミックスは、

ほんのりとハーブの香りがしますけれど、

強くないので、後につける香水の香りも

邪魔しません。

 

タンスの中で働いてね

ハーブの刈り込みとドライ

庭の冬支度のひとつハーブの刈り込みがおよそ

終わりました。

 

これらを束ねて、風通しの良いところでドライにします。

無農薬で育てているので安全ですが、

いちおう水で洗ってホコリなどをおとしてから

しっかり水気を切って束ねます。

 

空気が乾燥している今の季節は、

あっという間に乾きますけれど、念のため

二週間以上は感想させます。

 

ハーブクラフトにはそのまま、

お料理には茎や枝を取り去って瓶詰めに。

 

作業中もとても良い香り!

大好きな作業です。