「100日捨行」に参加宣言します!

山形市の先輩整理収納アドバイザーでお友達のアベマキちゃんが今日から「100日捨行」開始宣言をしました。

これに乗っかって私も一緒に開始宣言をします。

 

「100日捨行」

似たようなことを毎年試みるアドバイザーは結構います。みんな要不要の見極めが得意ですからね♪

でも、このちょっぴり哲学的で言い得て妙なネーミングは

たぶんアベマキちゃんのオリジナルだと思うの。

 

そんなアドバイザーの中でも、

私は結構、モノがおおい方じゃないかなーと

思います。

でもね、ちょこちょこ見直してます。

 

100日間、毎日、ひとつ以上のいらない物を家の中から探して、感謝して手放すことをします。

捨てるほか、欲しい人がいるのであれば差し上げたり(押しつけはいけません)、リサイクルに持っていったり、バザーに出したり。。。

 

実際のところ、私は、つい先日も、わが家では使わない、タオルの詰め合わせとか、文房具とか頂き物のあれこれを、ごっそり大きな袋に入れて、娘の学校のバザーに協力品として担いでいきました(→私は日頃からこういうものをストックしていないので、昨年はバザーの前に供出するものがなくてとても苦労しました。

それで今年は一生懸命貯めてたの 笑)。

 

だから、そんなこんなを考えると、特別なことではないのですけれども、

こうしてイベント的にやると、なんだかいつもより意識してモノに向き合えますし、

仲間と一緒っていうところがいい・・・とにかく楽しい!

 

それで1/100 初日はこれを手放しました。

  • 2年越しで使っていていまひとつ痒み止め効果が薄れてしまったキンカン®と、

絆創膏入れの缶の中に入っていた、

  • 素材が蒸れやすくかゆくなりやすくて剥がれやすい廉価版の絆創膏(こうやって書いてみるとなぜ買ったのかと疑問に思う...)
  • イラストが可愛いから小さい子供用に買っていた絆創膏(もう使わない)
  • アメリカで「便利そう!」と思って買った(けど使わなかった)「3_in_one」という、擦り傷、切り傷、ヤケドなど、よくあるケガにオールマイティに使える軟膏の使い切りパック

たいした物を捨てようなんて、構えなくて大丈夫。

本当にいらない物や、ゴミ、そういうものが紛れていないかのチェック期間だと思って、

ぜひご一緒にいかがですか?