なぜ、「香り × お片づけ」なの?


 

 「香り × お片づけ」のワケ

 

 香りとお片づけ…つまり整理収納とアロマテラピーというありそうでなかった組み合わせ。

どうしてこの組み合わせにしたのか、とよく聞かれます。

 

 この理由をひとことで述べるとしたら「香りの記憶は特殊なものだと言われており、その特徴がお片づけに必要なステップアップとフォローアップを補うものと考えたから」です。

 

では、なぜ香りの記憶が特殊なのでしょうか?

その答えは、香りを感じるメカニズムに見つけられます。

 

 

香りを感じるメカニズム

 

 人間の五感のうち、嗅覚はもっとも「原始的な感覚」だといわれています。

原始的だ、などと聞くと進化しなかった劣ったものではないかというイメージがありますが、必ずしもそうだとはいえないようです。

原始的であると同時に「直接的である」という表現もされることから分かるとおり「直接的に生理反応に結びつく感覚」が嗅覚です。

 

 通常、アロマテラピーでは、香りの成分(以下、芳香成分)は、鼻腔から入っていきます。鼻腔から入った芳香成分は、信号として嗅神経を介し、本能とか感情の中枢である「大脳辺縁系」という部分に伝えられます。ここで「昔の古い記憶」であるとか、「本能行動」と結びつきます。続いて「視床下部」へと伝わっていき、身体に生理反応が現れます。

 視床下部というのは間脳に位置しており(頭蓋骨の中心あたりでしょうか)、「交感神経や副交感神経の機能や内分泌機能をコントロールしている部分」です。そのため、心の動きと深い関わりがあるのと同時に、飲んだり食べたりする行動や睡眠などの本能による行動の中枢でもあります。

 自律神経やホルモンバランスの調節、免疫系への調節などを行っている視床下部は、特に大切な器官で、またの名を「脳の中の脳」とも呼ばれています。

 

ここまでで、きっと「あること」に気付いた方もいらっしゃるでしょう。

 

 「あること」というのは、嗅覚が「大脳新皮質による知的解釈を通すことなく、生理反応を起こす」、ということです。

「理屈に関係なく反応する」ことが嗅覚の特徴であり、「原始的だ」といわれるゆえんです。

 

 

香りと記憶の関係

 

 みなさんにもありませんか?

 

 街を歩いている時に、偶然通りかかったどこかの場所で、偶然嗅いだ香りが

昔の記憶を呼び覚まし、驚くほど鮮明にそのときのいろいろな事を蘇らせた、という経験が。

 

 みそ汁の香り、キンモクセイの香りとか、本屋さんのインクの香りとか、ヒノキの香りとか、田んぼの香りかもしれないし、雨上がりのコンクリートの香りかもしれない…これらの香りを嗅いで懐かしい気分になるというのはよく聞く話ですよね。その懐かしい気分こそが、過去の記憶としっかりと結びついた「芳香成分が引き起こす生理反応」そのものであり、きっと、当時の思い出の中の登場人物や景色の色・形など…もしかしたら人の声や舌の上に感じる味覚までも思い出させて、タイムスリップしたような錯覚をおこすこともあるでしょう。

 香りを嗅いでから過去の記憶が蘇るまでの一連の流れには何の意図(知的解釈)もありません。

 

 では、次に、これが効果的な整理収納にどのように結びついていくのか、ということを説明していきます。

 

その前に、もう一度整理しておきます。

 芳香成分が最初に伝わるのは、「大脳辺縁系」だと言いました。

これは「古い記憶や本能行動と結びつく」部分でしたね。この「古い記憶」というのがミソで、もし、この記憶の内容が「大変キレイに片付いたお部屋」と「それを成し遂げた貴女自身」の記憶だったらどうでしょうか。

 

 

ステップアップする、ということ

 

 人が、山を登る時、いきなり頂上に向かって「ジャーンプ!」などと、跳びませんよね。

富士山なら、1合目、2合目・・・5合目・・・最後に頂上、と少しずつ少しずつ

クリアしていくでしょう。


 若い方でしたら、ゲームをする場面に置き換えてもいいかもしれません。

1面クリア、2面クリア・・・5面クリア・・・そして全面クリア!としていくでしょう。

 

 このように、最終ゴールのみならず、途中、途中に設定した小さな目標をクリアしていく、という点が重要です。ひとつひとつのプロセスを大切にし、ステップアップしながら段階ごとに達成感を味わっていきます。

 

 これによって気持ちに区切りがつくのと同時に、さらに進んでいこうと思うモチベーションをへとつながります。少しぐらいどこかのステップからやり直す事になっても、途中の区切りが明確で、そこからやり直せばいいと分かっていれば、絶望的な気分にならずに済みますし、間違っても「私は全然ダメな人間だ〜!」などと思わずに済むのです。

 「さっきクリアしたところの気持ち良さ」を知っていれば、そこまで再び到達するのは困難ではありません。少なくとも、先の見えないところへ向かって努力し続けるよりは断然ラクなはずです。

 

 

整理収納のステップ

 

 整理収納にはコツとともに、例えば、「所有の意味を考える」や「収納を分析する」などの「8つのステップ」が存在します。

整理収納を学ぶと、このステップを明確にしていくことの必要性を習います。

ひとつひとつ確実に習得してから、次のステップに進んでいくわけですので、このステップごとに香りの記憶を結びつけてはいかがでしょうか、というのが私の提案の基本となっています。

 

お片づけがリバウンドしてしまう、という人も少なくありません。

一人では出来ないけど…という人も少なくありません。

 


 

インデックスとしての香り

 

 整理収納にとりかかるには、まず、片付かない原因を探り、そこから片付けのプランを立てていきます。ここからは、私の経験に基づく仮説なのですが、片付けプランの中に折に触れて、香りを使った作業を組み込んでいくと、その香りの記憶がインデックスとして整理収納のステップの索引・指標としての役割を果たすことが期待できます。

 万が一リバウンドしかかっても、作業工程で使った香りを嗅ぐことにより、作業が順調に進んでいたステップの記憶のみならず、当時の達成感や爽快感、自己肯定感までもがリアルに呼び起こされると考えられます。

 

 

メンタルサポートする香り

 

 片付けが一人では出来ない、という人も、さらに話を聞いてみると「一人で居るとどうして良いか分からない」「憂鬱になってしまう」「疲れていて(今風に言えば)エネルギーレベル低下によりムリ〜!」…などと続きます。これらは言わばメンタル面からくるものですが、アロマテラピーはそういう状態を改善する手助けもしてくれます。香りが自分のモチベーションをあげるような香りであれば、その香りによって脳は、整理収納は「楽しい・嬉しい・気持ちのよい・頑張りたい」作業として想起させる事も出来るはずです。

 

 私がこのことに気付いたのは、ペパーミントの香りを使って掃除をしているときでした。ペパーミントの精油を垂らした水でしぼった雑巾をつかって拭き掃除をしていた時、ふと風向きが変わって、その香りが私の鼻をくすぐりました。

それと同時に、ある「とてもポジティブでエネルギッシュに過ごしていた、ある時の自分」の記憶が鮮明に蘇ってきて身体が反応し、当時と同じような何ともいえない高揚感とか清涼感を得て、サクサクと家事が進んでいきました。

 

脳が「勝手に」香りから連想された反応を身体に起こさせたのです。

 

 

精油(エッセンシャルオイル)とは

 

 アロマテラピーにつかわれる精油はエッセンシャルオイルとも呼ばれ、植物のパワーを濃縮したものです。油という字がついていますが、いわゆるアブラではなく、植物の花、葉、果皮、樹皮、根、種子、樹脂などから抽出した天然の素材です。

 

 たとえひとつの植物を選んでも、その精油(エッセンシャルオイル)には数多くの有機化合物が含まれ、それぞれが様々な芳香成分を有します。

また、これらの精油(エッセンシャルオイル)には、消毒作用や抗菌作用、抗ウィルス作用、消臭作用、虫除け作用などなどの作用があると言われています。

これらは、家事をするにあたって、実用的この上ないですね。

 

 

大切なのは「好きな香り」ということ

 

 お片づけ作業をサクサクとすすめながら、衛生面などのケアも出来るとしたらまさに一石二鳥!

そのために「好きな香り」で、かつ必要な作用をもつ精油をセレクトして使っていきます。

 いくら必要な作用をもつ成分を含んでいるからといっても、貴方自身が嫌いな香りを使ってしまっては、せっかくのメリットよりもデメリットの方が勝ってしまいます。

 嫌いな香りを使っていたら、嫌だと思う記憶と結びついてしまいますから、香りを嗅ぐたびに嫌な記憶を呼び覚ましてしまいます。それこそサイアクです!今後二度とお片づけをしたくなくなってしまうといけませんので、くれぐれも「好きな香り」を選ぶこともポイントです。

 

 

6月の思い出とアロマの力

 

 今から20年近くも前のこと。私はちょうど、新しい生活をスタートしたところでした。

神奈川県内の、小さな2LDKの新築のアパートの2階。南側いっぱいのベランダとシャッター雨戸がついている作りでした。

 大きな環境の変化や(当時は自宅も仕事場だったので)公私の別が付けにくく、いつも疲れきっていました。

 小さい頃から趣味だった模様替えと、ちっとも広くないベランダいっぱいに栽培していたハーブのお世話が私にとっての気分転換方法。チャイブやルコラ、タイムやローズマリーと、ペパーミントやアップルミント、スペアミントなど十数種類を育てていました。

 ある年の6月。神奈川県の6月といえば、すでに蒸し暑く、朝から猛スピードで気温が上がっていきます。

 その日の朝もいつもと同じように、起きて最初にハーブのお世話をしようと、シャッター雨戸を上げました。

 すると…シャッターが上がるのと同時に、丸い大きな固まりのような勢いでムワッと生暖かい湿度が私の呼吸器めがけて飛び込んで来ました。

 梅雨時期特有の蒸し暑さの中で、ミントを中心としたハーブの香りは濃度を増し、狭いベランダで行き場のない風にのったまま、シャッターが開くのを、今か今かと待ちわびていたのです。

 圧倒的な勢いで私の身体に飛び込んできた香り、

その一瞬で、溜まり切っていた疲労とストレスを解消してくれました。

 

 あの時の強烈な、でも心地よいミントの香りは、今でも鮮明に覚えています。思い出すだけであの情景が見え、香り、そしてあの時の何とも言えない高揚感が蘇ります。20年経った今でも、ミントの香りを嗅ぐたびに、あの時の香りの記憶が素となって、私の身体に反応を起こし続けています。

 

 これがまさに「アロマテラピーの力」です。

 

 

貴女に

 

 一大ブームとなっているお片づけですが、成功させるポイントは、ご自身が使いやすい・片づけやすい仕組みを作ることです。それにはコツがあります。コツを学んで実際に試してみることが必要です。けれども、お片づけ作業そのものを、イヤイヤ憂鬱にするのではなく、少しでも工夫をこらして「嬉しい・楽しい・心地よい」作業となるようにしてみたいとは思いませんか?

 

アロマテラピーは、お片づけ作業をハッピーにする相性抜群のパートナー。

 

 貴女にそれをご紹介出来る日がやってくる事を願って。

 

山内 陽子